自衛隊志望の大学生と女子大生との合コンを幹部自衛官に見られました

九州圏の某県生まれの私は高校まで地元に住んでいましたが、大学は関東圏の自衛隊に密接に関係のある全寮制の大学に行きました。
その為自衛隊に関連する授業が多く、卒業生の多くは自衛隊に入隊しています。
学校生活は時間に追われる生活で食事時間等も決まっています。
休みの日には友達と地元の街に出かけますが男だけの生活故なかなか女性に巡り合えません。
単位の取り方も一般の大学と異なり、殆どが必須科目であり、自衛官に成る道をひたすら走っている感じがします。
ある時仲間の一人が近くにある某女子大の学生との合コンの話を持って来て呉れました。
自分達5人と相手側5人に依るこじんまりした合コンなのです。
当日の昼に約束の場所に5人で出かけました。
みんな結構めかしこんで本気モードでした。
約束の定刻前に着き暫く待ちましたが、まもなく5人の美女軍団がやって来ました。
服装では完敗です、相手側はテレビに出てくる女優が着ている様なお洒落な格好なのです。
兎に角自己紹介の為に喫茶店に入りました。
仲間の一人が司会役を買って出て呉れて自己紹介が始まりました。
順番に男性陣から開始されましたが、ジュースとコーヒだけの飲み物であり、先輩連中と行う飲み会の雰囲気と違い、男性軍のトップバッターから滑り始め、最後に締めくくり役を仰せつかった私まで滑りました。
女性軍は慣れたもので要領よくきちんと話を纏めて終わりました。
その時近くにあるカウンター席に教官として来られた幹部自衛官を見つけました。
特に悪い事をしている訳でも無いのに後ろめたい気持ちになり、私がその幹部に事情の説明に行きました。
その幹部は全く意に介さず楽しんで来いと言われ外に出られました。

幹部自衛官,出会い